ハートを出してみる

  • 2016.02.16 Tuesday
  • 10:47

アセンションの基本は、ハートです!

ハートを思い切り開いてみたら・・・

開いているようで、じつは開き切っていないことに気付きます。

生きていくうえで、いろいろな一般知識などを身に着けたりして、いつのまにか、ハートを隠して守っていたように思います。

3才のハートになってみたらどうでしょう?

自分が3才のときに、どんなことを感じていたか?

思い返してみると、まだ幼稚園に入る前、周りに観えるものは何もかも大好きだったことを思い出しました。

家族、家、おもちゃ、公園、なんでも。

純粋な子供は、自分の気持ちと感性に正直に生きています。

大好きなものを大切にして、楽しいことに笑う。

生きることが楽しくて、生命力があふれている。

本当は、人のハートはそれくらい純粋なものなんだなと思います。

もう一度、ハートを3才にしてみたとき、ハートが身体からあふれて出てくるようでした!

元気いっぱいの躍動感、生命力、純粋さ、愛、幸せ。

ハートの本質が、自分そのものなのだと感じました。

 
コメント
コメントする